スポンサーリンク

冬にがっつりとため込んだ脂肪。昔なら簡単に体重を落とせていたのに、50代になるとなかなか落ちなくなってきた…焦りを感じます。

どうやったらこのおなかの肉が取れるのか…いつの間にか食べる量を減らしたりしていませんか?
それって実は逆効果かもしれないんです。

体重を落としたい人へ

痩せたいという人はどのように痩せたいと思っているのでしょう?体重を落としたい。スタイルが良くなりたい。昔はいてたスカートがはけるようになりたい。

体重計に乗って以前の体重と比較して、○○グラム減った!と喜んでいませんか?
食べる量を減らしたり、むくみかも。と水を飲むのを控えたり…

もしそうなら、今すぐやり方を変えることをお勧めします。

昔のスタイルに戻る近道は細胞にある

体重を気にする人は多いですが、それよりも気をつけたいのが筋肉量。ロコモティブシンドローム、適度に運動することで健康を維持しよう、といわれるように、現代人は運動量が少なくなりがちです。

筋肉は使わなければ衰えていきます。40代、50代になると筋肉量が減り、生み出すエネルギーも減ってしまいます。エネルギーを作り出し、体を機能させている大切な器官、ミトコンドリア。このミトコンドリアは脳や心臓、筋肉の細胞に多く存在します。

しっかり頭を使って勉強したり、体を動かすことによって、エネルギーがたくさん必要になるから。日ごろから適度な筋肉を維持することが、50代が昔のスタイルに戻る近道です。

効率よく痩せるにはまずはミトコンドリアを増やすことなんです

結局効率よく溜めすぎたエネルギーを燃やして、おなかの周りについたお肉(脂肪)を落とすには、まず少しずつ筋肉をつけることが近道となります。

ウォーキング、ジョギングなどもいいのですが、スクワット、腹筋、体感トレーニングなど、体を支える大きな筋肉を育てていく。やり始めると最初は体重が増えることも多いので不安になりますが、体脂肪、体組成の測れる体重計などで、筋肉や脂肪のバランスをチェックして体の様子を知りましょう。

体組成計をアマゾンで探す←

ダイエット中にやらない方がいい食べ方とおすすめの食べ方

ダイエットで気をつけたいもう一つのことは、食べる量を減らすこと。
カロリーを気にして炭水化物や油を控えてしまうと、摂取カロリーが大幅に減ってしまいます。入ってくるカロリーが減るということは体にとっては命の危険を感じること。

運動をして、カロリーも減らせば早く体についてしまった脂肪が減らせるように思いますが、これが「リバウンド」を招くのです。

食べ方を普通に戻した途端、今まで飢餓の心配をしていた体は、より一層脂肪としてエネルギーをため込もうとし始めます。「食べたら太る」体質になってしまいます。

私がダイエット中におすすめしたい食べ物の一つが実はココナッツオイル。
ダイエット中に油をとるなんて…と心配になりますが、先ほども上げたようにダイエット中にカロリーを落とすことはあまりお勧めできません。カロリー維持しながら、燃えやすい体を作るにはココナッツオイルはうってつけなんです。

炭水化物と違い血糖値が上がる心配もなく、十分なエネルギー源となります。さらにはエネルギーに変換されやすい特徴があります。

ダイエットにはココナッツオイルとMCT

ココナッツオイルがダイエットにいい理由。それはすぐにエネルギーに変わる中鎖脂肪酸が豊富だから。MCTオイル、こちらもダイエットに人気ですがこれはさらに中鎖脂肪酸だけを抽出したもの。

これらの中鎖脂肪酸は体に入るとすぐ燃えてくれます。燃えてエネルギーとなり熱量が発生するとその熱量で他の脂肪も燃やしやすくなります。代謝を上げてくれる、いわば着火剤的役割をするのです。

50代が本気で痩せるためのポイント

中年期以降のダイエットで気をつけたいことをご紹介しました。

・筋肉をつけること

・はじめから体重を気にしないこと

・摂取カロリーを落とし過ぎないこと

若いときに成功していたダイエットは気をつけないと体の栄養バランスを崩し、余計に痩せにくい体になってしまったり、他のホルモンバランスの乱れや健康問題の原因に。
ポイントに気をつけてリバウンドしないスッキリした体を作りましょう!

スポンサーリンク