スポンサーリンク

インフルエンザの流行。年々増加している気がするのは私だけでしょうか。インフルエンザであるかどうかを確認するキットが出回り、インフルエンザの特定ができることが周知され、検査を受ける人が増えたこともインフルエンザの患者が増えたように見える一因かもしれないと思います。

一方で、インフルエンザのワクチン接種が関係あるかもしれないと漠然と思っています。ワクチンを打つ人が増えているのに、毎年流行するのはなぜなのか?ウイルスは変異を繰り返しながら増殖します。その年流行するだろうという予測のもと作られるワクチンですべてを防ぎきれるわけでなく、ワクチンにより抗体を持つ人が罹患すれば、さらに変異をし、シーズンの後半には別の型になっていても不思議ではない。

いたちごっこは永遠に続きます。抗生剤の乱用に警鐘を鳴らしているのも同じ理由です。
ワクチンはリスクの高い人のみ使用する方が良いと思います。

インフルエンザ治療薬タミフル、イナビルなどと新薬ゾルフーザ、どちらが効くの?リスクは?

インフルエンザ治療薬が出てからインフルエンザになれば薬を飲むのが当たり前のようになってきました。大人から子供まで、日本のインフルエンザ治療薬の使用量は相当数に上るのではないでしょうか。

病院に行き、診察してもらい、帰りには治療薬の処方箋を渡されます。薬をもらいに薬局へ向かいます。インフルエンザ治療薬を使用すると使用しない場合に比べて一日程度解熱するのを早めることができます。

仕事を休めないなどの理由で一刻も早く治したい気持ちもわかりますが、無理は禁物。熱が下がっても抵抗力の落ちた体で外に出ると、別の感染症や肺炎になることも。何より、無理をして、まだ体内にウイルスの力が残っているのに外に出ることで、周りにうつす可能性が高くなるのでぜひともゆっくりと回復期間をとってももらいたいものです。
そして、休むことになってしまってもお互い様だと理解できる寛容な世の中であってほしいですね。

インフルエンザに罹ったら、注意すべきこと

インフルエンザに罹ったら何よりもまず安静に、しっかり休養することが大切です。受診する場合も必ず病院にインフルエンザの可能性のあることを使え、一般の患者さんとは別の場所で待たせてもらいましょう。

・安静にして、しっかりと休養を取りましょう。十分に睡眠をとりましょう。

・高熱の出ることの多いインフルエンザ、水分補給はしっかりと。ミネラルも出ていきますので、電解質飲料、自然のお塩などを摂ることもおすすめです。スープのようなものでも構いません。ミネラル補給を忘れずに。

・咳、鼻水だけでなく、呼気からもウイルスを放出しています。自宅であっても家族や同居の人にうつさないよう、マスクを必ず着用しましょう。

・熱が高くつらい場合は解熱剤を使用することもあります。薬については後で出てきますが、まずはおでこ、わきの下、首の後ろなどをしっかりと冷やしましょう。氷枕をするのもおすすめです。

インフルエンザになったら…治療薬、解熱剤

インフルエンザの治療には抗インフルエンザウイルス薬があります。病院にて処方される薬になります。

・オセルタミビルリン酸塩(タミフル)
・ザナミビル水和物(リレンザ)
・ベラミビル水和物(ラビアクタ)
・ラニナミビルオクタン酸エステル水和物(イナビル)
・アマンタジン塩酸塩(シンメトレルA型のみ)
・バロキサビル マルボキシル(ゾフルーザ)

薬の投与方法はそれぞれによります。一日2回服用、注射薬、吸入薬、一に一回のものまで、場合によって使い分けます。

薬の効果は症状が出始めてからの時間、病状により変わります。

アマンタジンはほとんどのインフルエンザウイルスが耐性を獲得しており、使用の機会は少なくなっています。

抗ウイルスエンザ薬は使用開始の時期に注意

抗ウイルスエンザ薬は使用開始時期が重要です。インフルエンザ発症から48時間以内に使用すると、ウイルスの増殖を防ぐのを助けます。それにより発熱期間も1~2日短縮され、ウイルスの増殖も少なくすることができます。
発症後48時間を超えてからの十分な効果は期待できないとされています。インフルエンザウイルスの増殖のピークを過ぎてしまうからですね。

スポンサーリンク

高熱には解熱剤?

高熱で辛いときには解熱剤に頼ることも。解熱剤と一言で言っても様々な種類があります。特に15歳未満の子への使用を避けるものとして、アスピリンなどのサリチル酸系、ジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸があります。これらはインフルエンザ脳症発症のリスクが高いとされています。

ですから一般に病院ではアセトアミノフェンの解熱剤が処方されると思います。市販薬の解熱剤を使う場合、また総合感冒薬を使う場合は薬剤師に相談してくださいね。

熱は下げない方がいい?

高熱のときは意識ももうろうとし、つらいもの。ですが症状を緩和するには頭や、わきの下を冷やす方法もあります。高熱はウイルスと戦うために必要な症状。解熱剤は使わないで済むならばその方がいいのも事実です。

インフルエンザと異常行動

インフルエンザで心配なのが異常行動。10代の子供で事故につながったこともあり、薬のせいではないかと、特定の抗インフルエンザ薬を子供に使用しないと決まった年もありました。今のところ、薬との因果関係ははっきりせず、高熱により、うなされたり、異常行動を起こしたり、脳炎につながるなどのことはインフルエンザ罹患時には起こりうることとして、どちらにせよ保護者には十分な配慮が求められています。

診断から少なくとも2日間は子供を一人にしないように注意してください。

インフルエンザに漢方薬

インフルエンザに効果があるとされている漢方に麻黄があります。麻黄湯は風邪のごく初期、寒気、関節痛、筋肉痛、悪寒のあるときに使う漢方薬。一説には抗インフルエンザ薬と同等に回復期間を短縮できるということもあります。診断が定かでなくとも念のため服用することもできます。薬局でも購入できます。

インフルエンザと治療薬まとめ

毎年猛威を振るうインフルエンザ。重症化のリスクのある場合でなければ一週間しっかり休むことで回復し、抵抗力もつきます。かかってしまったら頑張り過ぎて休め、のサインかも。しっかり休んで、自分を大切にしてくださいね。