スポンサーリンク

バッチフラワーレメディとは

イギリスの医師であったエドワードバッチ博士によって作られた、ネガティブに傾いた感情や性格のバランスを取り戻すための植物を用いた療法です。

バッチ博士は多くの病人を診るうちに目の前の症状を治しても、また新たな症状が噴き出してきたり、元の病気が再発したりし、根本的に治癒しないのを目の当たりにし、どうすれば病気そのものをなくすことができるのか考えていました。

紆余曲折ののちにこの方法にたどり着き、人々に伝えていこうとした、それがこのフラワーレメディです。

植物から転写されたエッセンスを摂ることで気分に変化を感じることができます。日ごろ見過ごされがちな感情に目を向けて早めにケアすることで大きな体調不良や病気をもたらす前に心身を整えるのにぴったり。女性にかかわらず男性、子ども、ペットにまで幅広く安心して使える方法です。

バッチフラワーレメディの38種類の植物の示す感情や性格リスト

バッチ博士が完成させたフラワーレメディの植物は全部で38種類
以下にアルファベット順にその植物(一つは岩清水)のリストを並べました。

1. アグリモニー
― いつでも明るく気丈にふるまう、人に弱いところを見せられない、見せない
→ 本心が出せるようになる

2. アスペン
― 何かわからないけれどいつも不安、原因のわからない不安が付きまとっている
→ 原因がわかるようになる、向き合えるようになる、安心感が出る

3. ビーチ
― 人に対して批判的な態度をとる
→ 人のことも理解できるようになる

4. セントーリー
― 断ることができない、苦手な人がいる
→ 自分の意見を主張できる

5. セラトー
― 依存心が強い、人の意見を信じ、自分の考えに確信を持てない
→ 自分の考えに確信を持てる

6. チェリープラム
― 衝動的になる、気持ちのコントロールができない
→ 感情に流されず自己コントロールできる

7. チェストナットバッド
― 同じような失敗を繰り返す
→ 失敗から学ぶことができる

8. チコリー
― わがまま、自己中心的、愛情に対する欲求が強い
→ 広い心で愛情を表現できる

9. クレマチス
― ぼーっとしている、空想好き、ものに良くぶつかる、現実を見ていない
→ 地に足をつける、集中力を発揮する

10. クラブアップル
― 神経質、細かいことが気になる、自己嫌悪を抱く
→ 浄化、ありのままの状態を受け入れることができる

11. エルム
― 大きなことに対する自信が持てない、プレッシャーを感じると弱い
→ 大仕事を任されてもやれると思えるようになる、自信が出る

12. ゲンチアナ
― 落ち込みやすい、マイナス思考である、一時的にひどく落ち込む
→ 楽天的になる

13. ゴース
― やる気がない、やる前からあきらめている、どうせできないと思っている
→ 可能性を信じられる、まだ大丈夫という気持ちになれる

14. ヘザー
― 自分のことをよくしゃべる、人の話を自分のことにすり替えてしまう、場合によっては自分のことを考えすぎてしゃべらなくなる
→ 人の気持ちを理解できる、思いやりを持てるように

15. ホリー
― 愛情の裏返し、怒り、嫉妬などの気持ちがある
→愛と信頼を取り戻す

16. ハニーサックル
― 過去のことに囚われる、現実を見ていない
→ 現実にうまく目を向けられるように

17. ホーンビーム
― やる気が起きない、動き出せない、月曜病のよう
→ 自然とやる気が湧いてくる

18. インパチエンス
― 短期、思い通りにいかないとイライラしやすい
→ 忍耐力が持てるようになる、人のことを思いやれるようになる

19. ラーチ
― 劣等感を持っている、自信がない
→ 自信が持てるように

20. ミムラス
― 原因のわかる具体的な問題に不安を感じる
→不安が払しょくされ勇気が出てくる

21. マスタード
― なんとなく憂鬱、悲観的である
→ 喜びを取り戻す、明るくなる

22. オーク
― 気が付かず頑張り過ぎる、倒れるまで頑張る
→ 肩の力を抜いて充実させられるようになる

23. オリーブ
― 疲れ果てて身も心もくたくた
→ エネルギーが湧いてくる、元気が出る

24. パイン
― 他人の失敗でさえも自分のことを責めてしまう
→ 自分をきちんと尊重できるように

25. レッドチェストナット
― 家族や友人など身近な愛する人のことを過度に心配する
→ 周りを巻き込まない平穏な愛情を持てる、安心する

26. ロックローズ
― パニック、強い恐怖を感じる
→ パニックを克服することができる、冷静になれる

27. ロックウォーター(岩清水)
― 融通が利かない、頑固、型通りに動きたい
→ 柔軟な思考ができるように

28. スクレランサス
― 優柔不断、決められない
→ 決断力が持てる

29. スターオブベツレヘム
― 心に傷がある、過去のショックをひきずっている
→ トラウマから解放される

30. スイートチェストナット
― いつもあきらめている、我慢している、絶望している
→ 抑えられていた気持ちが楽になる、前向きになれる

31. バーベイン
― 情熱的でやり過ぎてしまう、暑苦しい、押しつけがましい
→ 広い視野で物事を見ることができる、チームワークを発揮できる

32. バイン
― 自分のやり方が正しいと支配してしまう
→ 周りにも配慮しうまくリーダーシップを取れる

33. ウォールナット
― 人に影響されやすい、場所だけでなく、ひと、体などの環境の変化を受ける
→ 環境が変わっても場にすんなり入れる、影響を受けにくい

34. ウォーターバイオレット
― 人と距離を置きたがる、一人が好き、壁を作る
→ 人とのよい距離感をつかめる、共感できる

35. ホワイトチェストナット
― 同じことを繰り返し考えている、堂々巡り
→ 頭がすっきり整理される、堂々巡りから解放される

36. ワイルドオート
― 進路が分からない、この先どうすればよいか迷っている
→ 適性、方向性が見えてくる

37. ワイルドローズ
― 希望を持てない、つらい、何事にも興味を持てない
→ また興味を持てる、情熱を持てる

38. ウィロー
― 被害者意識が強い、恨みを持っている
→ 恨みではなく感謝の気持ちを持てる

38種類のバッチフラワーの植物の力を使って感情のセルフケアをしよう

ここではざっと38種類の植物の示す感情や性格についてとても簡単にですが上げてみました。なにか気になる気持ちはありましたか?リストを見てふと引っかかる植物があるなら、今、人間関係がうまくいかない、結婚したいのになかなかできない、子育てに疲れている、思春期の子供の気持ちがわからない、自分のこれからについて悩んでいるなど、それらの問題に何かしらあなたの心の癖が影響しているのかもしれません。

心の癖は、「クセ」気づいてはいても、治せず、同じパターンの失敗を繰り返すことも。バッチフラワーを使って、心の癖を減らしていけば、今までと違う世界が広がっていきますよ。ぜひ楽しんで使ってみてくださいね。

バッチフラワーの本をアマゾンで探す

スポンサーリンク