スポンサーリンク

スポンサーリンク

40代50代60代のダイエットには今までと違うコツが必要

体重の増加が気になる、おなか周りの贅肉が取れにくくなった。なんとなく昔より一回り大きくなった。30代までなら、ちょっと食事制限をしてジョギングをしていれば元に戻ったのに最近は思うように痩せない。と悩んでいませんか?

40代以降のダイエットには今までとは違うコツが必要です。やり方を間違うとさらに痩せにくくなることもあるので気をつけましょう。

40代からはこんなダイエットはやめた方がいい

40代50代60代に向かないダイエットの方法がいくつかあります

・食べる量を減らすカロリー制限ダイエット

○○だけダイエット、や、一食抜くダイエット、カロリーのないものだけを食べるダイエット、こういったカロリーを減らすダイエットはやめた方がいいです。一時的に痩せたように見えても、摂取カロリーが減ってしまうと、体は今ある筋肉までも使ってしまいます。
筋肉が落ちると体重も落ちます。もちろんダイエット中は脂肪も落ち、顔回りも含めてスッキリしたように見えますが、筋肉が落ちていること、食べる量が減ったことでエネルギー消費量を体がセーブしてしまっていることなどから、ダイエットをやめたときに太りやすくなる可能性があります。

食べる量が明らかに多い場合は普通に戻すことは必要ですが、極端に減らすことは避けた方がいいでしょう。

・体の負担を考えて軽い運動だけで痩せる

日ごろ運動しないで40代50代を過ごしてきた人は急に運動を始めると足腰を痛めることがあり注意が必要です。ですがかといって軽い運動で痩せられるかというと効果は低く、痩せないなあと思いながらそのうちやめてしまうことになります。

成果がなかなか出ないのでやる気が続かないのも一つの問題です。健康維持のためにはやらないより軽い運動でもやった方がいいと思います。

・燃焼系サプリメント頼りのダイエット

“これを飲んで●kg痩せました!“とかいう何かのサプリメントや酵素のようなものを飲むだけで痩せた、というダイエット。ダイエット系サプリメントはあくまでも補助的に使うのが良いかと思います。薬より健康を害さないはずのサプリメントや健康食品で本当にそれだけで痩せるとなるとそれはそれでちょっと怖いです。簡単そうでやりたくなりますが、サプリメントや補助食品で痩せたと広告に出ている人は本当にそれだけで痩せているか、考えると疑問です。

同窓会に間に合わせたい、ぜい肉を落としたい、40代からのダイエットを成功させるには

では40代50代60代のための成功するダイエットとはどんな方法でしょうか。
40代以上になると運動を続けることができていない人が多いと思います。そしてお酒を飲む機会は増えている、もしくは習慣となっている。

使わない筋肉は衰えていき、摂取カロリーと代謝カロリーのバランスも崩れている。それが40代以降の痩せられない問題なのではないでしょうか。

ということはカロリーのバランスを戻していくのがきれいに健康的に痩せるポイントとなってきます。

摂取カロリーを減らす

代謝できないのであれば摂取カロリーを減らせばいい、と考えがちですが、摂取カロリーを減らすことは長期に続けられることではありません。お良いしいものを食べる機会はなくしたくないですよね。今だけカロリーを控えるのは前述したように危険です。

また体はカロリーだけでなく働くために必要な栄養素を、食べ物から取り込んでいます。カロリー制限は同時に栄養不足にもなりかねますので避けたい方法です。

摂取カロリーは基礎代謝量以上の適量を守る

ということで何を食べるかは、あなたの基礎代謝量以上となることをのカロリーを考慮しながら、栄養のバランスを考えたものをしっかりとる、ということになります。

基礎代謝量はコチラを参考にしてみましょう。


日本医師会 健康になる!一日に必要なカロリー「推定エネルギー必要量」より

あなたの「1日に必要な推定エネルギー必要量」をしらべてみましょう
こちらから実際に計算できます↑

代謝カロリー、エネルギー消費量を増やす

ここまでくればあとの答えは明白です。摂取カロリーは落とさず、ついてしまった脂肪を減らすには代謝できる量を増やすということになります。そしてより効率よくエネルギーを代謝するにはやはり筋力アップ、ということになります。

筋力アップは結果的に太りにくい体を作り、代謝が上がるということは骨、ホルモン、脳内物質、肌、脳、血液などすべての循環が良くなることになり、痩せるだけでなく健康になることにつながります。

代謝を上げるには二つの運動

1つには筋肉をつけるということ。スクワット、腹筋、つま先立ち、腕立てなどを日ごろからちょこっと隙間にやることを習慣にしていきましょう。一度にやるのは一か所でもいいんです。プルプルするまでの回数をやればおしまい。それをこまめに取り込んでいくだけで、今まで使ってなかった筋肉を使い少しずつ鍛えることができます。

もう一つは有酸素運動が良いようです。有酸素運動とは酸素のある状態でエネルギーを使う運動。負荷の低い運動を時間をかけてすることで脂肪を燃焼してくれるというものです。

有酸素運動は続けて20分以上45分くらいで行うのが良いようです。ランニング、ジョギング、水泳などがありますね。

効果的な有酸素運動をするためのポイント

有酸素運動を効果的に行うには心拍数に気を付けることが大事。効果的な心拍数の数値は、最大心拍数の60~70%。
計算で出す場合は

最大心拍数=220-年齢
最大心拍数×60~70%=目標心拍数

で計算できるようです。

少し息が上がるくらいの運動、といわれるものですね。

40代50代60代のダイエットを成功させるために

40代以降のダイエットの成功のカギ、答えはとてもシンプルでした。燃焼できる体を作る、維持する。そのためには少し努力が必要、ということですね。そして習慣にしてしまい継続すること。おなかの肉を落としたい、痩せたいというだけでなく、いつまでも美味しいものを楽しく食べながら、健康でいるためにも、いつまでも元気で活動するためにも今日から、頑張ってみませんか?

きれいに痩せる参考書に↓

40代からの食べてやせるキレイな体のつくり方

30日でスキニーデニムの似合う私になる (美人開花シリーズ)