スポンサーリンク

お風呂の鏡、湯気で曇っていると思っていたら鏡自体が白くくすんでしまい、洗ってもとれない状態になったことはありませんか?くすみの取り方がわからず放っておくと、ますますくすみに厚みが出てしまい、取れにくくなります。毎日きれいに保てるのが一番ですが、くすんでしまった、と気づいてからでも、さっと汚れを取ってしまうことができれば簡単にきれいな状態に戻せます。

お風呂の鏡の汚れ、くすみ、なかなか落ちないのはなぜ?

お風呂の鏡や、水回りに必ず出てくる白い跡、「水垢」。気になってきれいに拭いてもまた出てきてしまう厄介な汚れ。水垢の汚れやくすみがなかなか落ちないのはなぜなんでしょうか。

水垢は水道水の中に含まれるカルシウムなどのミネラル分が固まったもの。水が乾いても入っていたミネラル分が残るのでそれが白く浮き出てくるのです。

水を使うとどうしてもついてしまうものなので気になった時にこまめにきれいにするのが良いようです。

普通の洗剤で洗っても落ちない水垢を落とすには

水垢はザラザラしていて、普通に中性洗剤でこすっても落ちないのが困りもの。水垢の成分はミネラルで、アルカリ性の汚れです。アルカリの汚れを落とすには酸性の力を使うことになります。

そこでよく言われているのがお酢を使った掃除法。他にも酸性の液体であれば同じようにアルカリ汚れを落とせるのです。

手抜きしたいときでもすぐできる、水垢を落とす身近な方法

他にも水垢を落とす方法はあります思い立った時にさっと済ませたい水垢掃除。日ごろから手元にあるものを使うのが一番です。

お酢を使って水垢を落とす

お酢を使うのは比較的身近な方法ではないでしょうか。調味料として醸造酢や米酢などを常備しているおうちならそれを一対一くらいの割合で水で薄めたもので水垢をふき取ります。お酢のにおいが少しツンとしますが時間がたてば消えていきます。

クエン酸を使って水垢を落とす

クエン酸も、持っていれば水垢掃除に役立ちます。ザラザラした顆粒状のものが30g程度の小さなサイズからドラッグストアなどで売っています。お酢のようににおいが気になりませんが水に溶かすと酸性になり、お酢と同じように効果を発揮します。クエン酸水は水400~500mlに対しなんとクエン酸小さじ2杯を溶かすだけで出来上がります。少量でいいのでコスパがいいこと間違いない。

除菌、消臭効果もあるので、スプレーを作って、シュシュっとお部屋中の拭き掃除に使えます。

使う分だけとかせばいいので保存に便利です。酸性の洗浄成分はアルカリ汚れに強いので、トイレの便器のついてカチカチになってしまう尿石や、石鹸かすの汚れも取ることができます。

レモネードなどの酸味のある飲み物を作ったり、煮崩れを防ぐ、えぐみを摂る、炭酸入浴にも使えると、使い道も豊富で価格も安いので、ひと瓶持っていると重宝しそうです。

レモンの皮を使って水垢を落とす

うちでは毎朝レモン水を作って飲んでいます。そこで絞った後のレモンの皮のごみが毎日あることに気づきました。レモンの果汁も酸っぱい酸性の液体です。これもまた、水垢そのほかのアルカリ汚れに使えます。

スポンサーリンク

もともとそのまま捨ててしまうはずのレモンの皮ですので、そのまま絞った果肉の部分を少し削いで汚れた部分を拭きます。そのあと絞った布で二度拭きをすれば、レモンの香りも残ってスッキリさわやかにきれいにすることができます。

使い終わったらそのまま捨ててしまえるし、手を抜きながらも地球にやさしいお手入れができますね。

レモンやオレンジにはそのほかにも「リモネン」という油性成分が含まれています。リモネンは油汚れを落とすのが得意な成分。ガスコンロなどキッチン回りもレモンの皮で拭いてきれいにすることができますよ。

簡単にできる方法で水垢を溜めずにスッキリキレイをキープ

水道の水はどうしても使わないわけにはいきません。いつの間にかついてしまう水垢。放置していると、何層にもなってしまい落とすのに時間がかかることも。日ごろからあるもので気が付いたときにきれいにする、キレイをさらにキープしておきたい人はやはり水でぬれた状態で放っておかず、水垢のないうちからきれいに拭いて乾かしておく習慣をつけましょう。

忙しくて時間がさけないという人は、気づいたときに薄めたお酢やクエン酸、レモンの皮でふき取り掃除をしてみましょう。

一度トライしてみるまでが、億劫な気がしますが、面倒だなと思うものはじめの一歩だけ。知ってしまえばいつもきれいな鏡の状態をキープできるので気分よく過ごせます。いつも手元にあるものですぐにできる方法を選ぶのがポイントです。ぜひ試してみてくださいね。

座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋
健康になりたければ家の掃除を変えなさい