スポンサーリンク

40代、50代、年を重ねた女性に起こる更年期症状。
なんだか体調がおかしいなということはありませんか?

中でもホットフラッシュといわれる顔周辺に起こる症状は、特に働く女子には何とかしたいもの。
商談中に急に汗が噴き出して…、顔が熱くて真っ赤になったようで…ハンカチが手放せない…なんてできれば避けたいものですよね。

「更年期」=変化といわれるほど

他にも様々な変化がみられるのが更年期

のぼせ、ほてり、眠気、倦怠感、頭痛、情緒不安、憂鬱、イライラなど体から感情まで、今までとは違うコントロールできないことが起きたりして戸惑います。

加齢と更年期~どうして更年期症状が出るの?

更年期という言葉も最近は当たり前に聞くようになりました。男性にも更年期があるとも言われています。
更年期って病気なのでしょうか?

更年期はホルモンバランスの乱れ。特に女性には初潮と閉経というイベントがあり、性ホルモンが大きく変化します。
閉経時にはエストロゲンというホルモンが減少することで、血管の収縮、拡張に影響を与え、顔がほてったり、動機がしたりという症状が現れます。

最近では20代30代という若い世代の女性でも更年期の症状を訴える人がいるそうですので、食事、睡眠、運動、ライフスタイルなど全体に見直す必要を強く感じます。

さて肉体的な困った症状であるほてりや汗ですが、急に起こり、数分で収まるのですが、その数分がいつ起こるかわからないのが問題です。とっさのときにうまく対処する方法があればうれしいですね。

いくつか挙げてみました。

今すぐ役立つほてりや汗を鎮める方法はこれ

更年期症状はほルモンバランスの変化による自律神経の乱れです。
ホルモンは感情にもかかわっており、感情が制御できなくなり、人が変わったように怒りっぽくなったり、落ち込みやすくなったりすることも。

自律神経のバランスを整えるということを意識していきましょう。

・呼吸を整える・・・
とっさに顔が赤らんだり、汗が大量に噴き出してくると、どうにかしたくてどうしても焦りがちです。そんなときほど静かに深呼吸するのがおすすめ。心を落ち着けて、全身の緊張をほぐし、リラックスしましょう。背中や肩の力を抜いて、頭に上ってしまった血のめぐりを改善します。それだけでも症状が早く落ち着いてきます。

・香りの力を借りる・・・
最近では柔軟剤や室内の芳香剤など、香りを暮らしに取り入れる人が増えています。香りはとっさの気分を変えるのにとても効果的で、その芳香成分そのものも体内で何らかの影響を与えます。

とっさののぼせ、ほてり、大量の汗を感じたとき、香りで気分を変えてリラックスしましょう。
お気に入りの香りがあればそれもよし、特にないなら、定番の精油も手に入りやすく知っている香りなので取り入れやすいですね。

真正ラベンダー、オレンジ、レモン、ゼラニウム、ペパーミントなど、ハンカチに垂らして香りをかいだり、水や無水エタノールで簡単なミニスプレーを作ってカバンに入れておくのも便利です。自分の周りにシュシュっと振りまいて使えます。

・バッチフラワーを活用する・・・
バッチフラワーレメディも更年期などのよくわからない不調にはとても便利に活用できます。とっさのレメディといえば、レスキューレメディですね。バッグに忍ばせておけばいつでもすぐに気持ちを落ち着かせることができます。とっさのときはスプレータイプが便利かもしれません。

また、ホルモンバランスの変化ということで、自分の内外で環境が変わっていきますので、どれだけうまく対応できるかによって更年期に現れる症状のつらさも変わってきます。そんな環境の変化にぴったりのレメディなのがホワイトチェストナット。

普段から、ホワイトチェストナットやイライラ、衝動、憂鬱、落ち込みなどの起こりやすい感情の変化に合わせたレメディをとることでうまく更年期の症状を乗り越えることができます。

更年期を上手に乗り切ってさらに魅力的な女性になろう

東洋医学では女性の体は7年周期で変化するといわれます。
35歳、42歳、49歳、56歳…

代謝が落ち、肌や髪につやがなくなり…
と不安になりそうですが、最近は心身を若々しく保つ方法もたくさんあり、

年齢を聞いて驚くような素敵な女性もたくさん。

男性よりも寿命が長い女性。今更年期症状のある人も峠を越えればこれからの人生も長いのです。

自分に合ったライフスタイルを探して、いつまでも元気に楽しみたいですね!

スポンサーリンク