スポンサーリンク

女性の悩み、冷えを根本から改善したい

冷えに悩む現代の女性はとても多いです。冷えは目に見えて体の不調を起こしますし、見えていないところでも、体に影響を与えています。女性=冷え性、と、女性は冷えていて当たり前みたいに取り上げられますがそれほど冷えに悩まされる女性が多いということでしょう。最近は男性でも、冷えている人も多くなっています。

そもそもなぜ冷えを感じるの?

冷えているとき体で何が起こっているのでしょう。一言でいうと、血液の流れが悪い状態にある、ということ。手足の指先が冷える、腰が冷える、ということはその部分の血流が悪くなっているということです。

血液は栄養や酸素を体の隅々まで行きわたらせる大事な役目があります。その血液が十分に行き届かなければ栄養不足となり、ますます末端で毛間の細胞が作られづらくなり、悪循環に陥る危険も。

冷えと不調を今すぐ取りたいというときの対処法

体の中から温める

・生姜紅茶、生姜湯、葛湯、ホットレモンなどの飲み物

・入浴、足湯、手浴、など

芯から冷える、体の内側から温めたいというときはホットドリンクがおすすめ。血行を良くする生姜、葛、レモンなどを入れたドリンクをゆっくりと楽しんでください。リラックして香りを吸い込むことで呼吸も深くなり、酸素をしっかりと取り込むこともできます。神経の高ぶりも鎮めてくれ、不要に近著していた血管も広がり血流改善に。

お湯につかるというのも、冷えてしまっている足腰を心から温めるのに効果的です。血行血流促進を助ける精油ジンジャー、ヒノキ、ローズマリー、ゼラニウム、ゆずなどをお湯に入れて。香りによるリラックス効果と、皮膚から取り込む成分の効果でより温まることができます。冬至にゆず湯につかる習慣も血行を良くして芯から温まる先人の知恵ですね。

一時的に冷えに対処する

・腹巻、靴下、レッグウォーマーなど

・湯たんぽ、こたつ、カイロなど

とにかく冷えてしまっているときは放っておくと体のほかの部分まで冷えていきます。足先や、足首付近で冷やされた血液が、また心臓に戻ってしまいます。

冷えてしまっている体には衣服や、暖房器具で温めてあげるのがいいでしょう。
これらの方法は冷え体質になってしまった体を保護するために行うとよいでしょう。体温が低くなると免疫力が下がり、がんや、感染症などになりやすくなります。

湯たんぽや、足先に貼るカイロなどの使用は一時的に温めてくれるのでうれしいものですが、特に就寝時につけっぱなしにするのは避けた方がいいです。体の体温調節機能がうまく働かず、自分で体温を上げられなくなったり、朝起きたときに、脱水状態になっており、頭痛がする、のぼせているなどの弊害が出てきます。
使用するなら布団を温めておく、もしくは寝る直前に使用するけれど布団の中に入れたままにしないことが大切です。

冷え取り健康法は誰にでも効果があるのか

よくよく考えてみると冷え取りが必要な状態というのは明らかに筋力が不足している状態です。今すぐどうにかしないと、病気にかかってしまう可能性が高い状態になっているということ。冷え取り靴下などで排毒を促すといったこともありますが、要するに体の巡り、循環が滞ってしまい、取り込みと排泄のバランスを崩してしまっているのです。

現代人の、食生活、圧倒的な運動不足、ライフスタイルの変化によって今では誰もが体の持つ本来の機能を十分に使えなくなっています。冷えを根本からよくしていくにはやはり本来持っている機能を使える状態に戻していくしかないのです。

どんなにこれが冷えに効く!という方法をやってみても、根本的解決にはならないので、そこを理解して冷えに効くといわれる方法を取り入れるようにしてください。

冷えを根本的に解決するにはミトコンドリアがカギ

冷えを根本的に解決する一番の方法は筋肉をつけることと、体を動かすこと。筋肉は体を支え、全身に栄養を送り届け、熱を生み出す大事な役割があります。筋肉の細胞の中にはミトコンドリアがたくさんあります。ミトコンドリアはエネルギー生産工場といわれており、熱量を生み出し体を機能させるエンジンです。エンジンが動いていない状態でいくら良い燃料を送り込んだところで、それを熱に変えることはできません。

ミトコンドリアをミドリムシと間違える人もいますが、ミトコンドリアとミドリムシは全く違います。ミトコンドリアは体の中に存在する器官の一部。細胞の中にあり、私たちの体を健康に保つために働いています。

適度に筋肉を維持することは、体の各機能を働かせ、免疫からホルモンまで作る原動力につながります。年齢を重ねるほど筋肉は減ってしまいます。それに加えて現代の圧倒的な運動不足のため、男女、老若を問わず、冷えと不調を訴える人が増えているのです。

筋肉は一朝一夕には作られません。そして急に負荷をかけすぎても効果はありません。日ごろから、まずは歩く量を増やす、数回でも腹筋やスクワットをするなどからコツコツ始め、増やしていくのが一番です。

ダイエット効果も期待できる本当の冷え取り

ミトコンドリアが増え、熱を生み出せるようになると、栄養がしっかり届けられるようになり冷え、痛み、うつ、慢性疾患などあらゆる不調が激減するはずです。いつまでも目先の冷え対策をしていても体は老けていってしまいます。ミトコンドリアが増えてさら元気に動いていれば、代謝も上がり、ダイエット効果も期待できます。

冷えに悩まされずいつまでも健康で若くいたいですよね。好きなものを食べて、元気でいるためにもまずは少しずつでも筋トレ、運動で冷えを根本から改善していきましょう。

冷え取りグッズ
筋トレグッズ
痩せる 筋トレの本

スポンサーリンク