スポンサーリンク

冬本番、風邪をひかないための加湿器選び、加湿器の種類

寒さが強まり冬本番となる1月2月。毎年流行するインフルエンザ。免疫力の落ちがちな冬、加湿器を使って賢くセルフケアをしよう。と調べていくと加湿器、と一言で言ってもいろんなタイプがあることが判明。

何が違うの?ということでメリットデメリットを調べてみました。

加湿器の関連記事
冬の風邪、感染症対策に 手軽に楽しむ取り入れやすい加湿器おすすめ5

加湿器の種類

現在加湿器には大きく4種類のタイプがあるようです。

・スチーム式

・気化式

・超音波式

・ハイブリッド式

スチーム式

スチーム式はスチーム(蒸気)による加湿器です。水を加熱してスチームにして拡散します。加熱の必要があるため、稼働するまでに時間がかかること、電気代がかかることなどのデメリットがあります。一方で、暖かく湿った空気を拡散することができ、湿度を上げる力には優れています。

魔法瓶の象印ならスチームには強いですね。スチーム式の中で人気のようです。

象印 スチーム式加湿器

スチーム式加湿器をアマゾンで探す

気化式

気化式は自然に近い状態で空気に湿度を与えるタイプの加湿器になります。自然な蒸発作用を利用するため、パワフルな加湿は期待できません。気化させるためにフィルターを使用するため、カビなどの繁殖を防ぐためにもある程度でフィルター交換する必要が出てきます。加熱しないため電気代がかからない、熱くならないため安全性が高いなどがメリットです・

気化式加湿器をアマゾンで探す

超音波式

超音波式は微細な振動を水に送り、水を細かい粒子にする方法です。スチームに比べるとすぐに加湿し始めることができる、電気代が安いなどのメリットはありますが、水を沸騰させないで使用するので衛生面でお手入れに気を付ける必要があります。不衛生な水を入れたまま使用するとその水が拡散されるのでかえってよくないことになり注意が必要です。

衛生面に配慮した抗菌タイプの超音波式加湿器もありますね↓

アロマ超音波式加湿器 Sablier-wood- リモコン付 PR-HF003W 木目調 加湿器 リビング 抗菌カチオン Ag+
超音波式加湿器をアマゾンで探す

ハイブリッド式

ハイブリッド式とは複数の方法を組み合わせたものになります。気化式とスチーム式、スチーム式と超音波式などの組み合わせになります。

湿度が低く早く加湿したいときにはスチームを利用、湿度が上がると気化式に切り替えるなど賢く使うことで消費電力が低く抑えられたりします。

両方の利点と欠点を併せ持つ分、水やフィルターのお手入れの必要が出てきます。

スポンサーリンク


ハイブリッド加湿器 加湿器 ハイブリッド 送料無料

ハイブリッド式加湿器をアマゾンで探す

生活スタイルに合った加湿器を選ぼう

どの加湿器もそれぞれの良さがあると思いますので、選ぶときには自分のライフスタイルに合ったものを選びたいですね。

職場などでエアコンの暖房を使用していて、乾燥がひどい、パワフルに加湿したいならスチーム式、常時自然な状態で加湿したいならパワーは劣るけれど気化式のものを置いておくのがいいかもしれません。

リビングで子どもが走り回るなら安全性を優先して超音波式や安全機能を備えたハイブリッド式なものがいいですね。

加湿器も今はデザインにもこだわってまるでオブジェやおしゃれな家具のようなものもたくさんあります。

どんなお部屋で、何人くらいで、どんなシチュエーションで使うか考えながら選ぶと楽しいですね。

加湿器は風邪予防以外にもお肌にもいい?の注意点

「湿度をプラスする」と考えると加湿器はお肌にもよさそうに思えます。実際部屋の湿度が低く乾燥していると、肌にも影響あるかもしれません。ですが自分の肌の潤いがどれだけあるかが重要なポイント。いくら加湿器で部屋を加湿しても、肌自体が乾燥気味ならそれを解決する方が先決ですね。

スチーム式の加湿器は肌に潤いを与えてくれそうですが、蒸気を浴びた肌はそのあと体温で表面の水分が気化していきますので、スチームのあとは保湿するものでカバーすることが大切。化粧水や乳液、オイルなど保湿できるものを使って補うようにしましょう。

カップで行う蒸気浴や、洗面器で行う蒸気浴、温かいお湯を顔に当てると毛穴が開き汚れを落としやすくなりますので、洗顔前に蒸気浴をするのもいいですね。

結論として、加湿と保湿は別物です。それぞれの良さをうまく活用してお肌の潤いもしっかり保ちたいですね。

インテリア性の高いおしゃれな加湿器はコチラ↓
冬の風邪、感染症対策に 手軽に楽しむ取り入れやすい加湿器おすすめ5