スポンサーリンク

いよいよ年末、気分すっきり新年を迎えるために

今年もあと少し、年末の大掃除、どうしてますか?最近は年末年始を海外で過ごす人も増え、また掃除は業者に頼む、という人も多いかもしれません。

どちらにせよ、新しい年はスッキリと迎えたいもの。お掃除はプロに任せても、その前にやっておきたいことがあります。それが、「片づけ」

昨年もスッキリとさせたつもりが不思議とまたものが溜まっていませんか?いま必要なもの、もう不要なものを分け、不要なものは処分していきましょう。掃除をするにしてもものが溢れていると、いちいちものを移動させて掃除するなど余計な手間がかかってしまいます。

なのでまずしたいこと、それは片づけなのです。

プラス、それよりもまずするべき前準備があります。これをするのとしないとでは、効率が全然違います。

いざ始める前にしておきたい前準備とは

さあ片づけを始めるぞ、と思い立って、まず、何をしますか?ふと思いついた気になるあの場所、整理したい、と思う始めます。ところがやっていくうちに隣の棚の雑然とした感じが気になり、今度はそちらに手を出し始めます。こんな風に気の向くままにやっていても、片づけはできていくかもしれませんが、本当に効率よく片づけられているのでしょうか?

作業効率を上げるためにしておきたいこと、それはリスト作り。どこから手を付けるのか、どこまで手を付けるのか、最初に検討を付けてリストにしましょう。

リストにするときのコツは細分化。「子供部屋」「寝室」などという大きなくくりではなく、「ベッドの横の引き出し」「リビングボードの上」「シンクの下」など細かく分けてチェック欄を付けておきます。

前準備のおすすめのポイント

この方法のおすすめのポイントは、細かく設定すること、チェックをつけることで達成感を得る、ということ。初めにリストを作るとき、細かく区切りながら、その場所が片付いていくことを想像してみてください。リストの数はいくつになっても構いません。気になる場所から上げていきましょう。小さく1つずつクリアしていくことでやる気につながります。

もちろんやる気が起きないときにはホーンビームや疲れを摂るオリーブのバッチフラワーも使えます。
やる気が出ないときのバッチフラワー関連記事←

後半の部分はできればやりたい場所。としてもいいかもしれません。時間が足りなければできなくてもいいんです。そこに行きつくまでにいくつもの場所がすでにスッキリしています。生活する限り、すべては流動的で終わりや完成などないので、完璧にする必要はありません。

大掃除にかけたい日数を決めておいて、そちらも場所、部分別にリストにしていきます。

片づけをするのは大掃除を始める日まで。期限を区切ることでやる気が起きやすくなりますね。

12月の頭から始めればゆとりをもってできるのではないでしょうか?

5分で済むような範囲で設定すれば、ちょこっと隙間時間にできるので、仕事がある日でも、できちゃいます。休日はいつもどおりお出かけしちゃっても大丈夫ですね。

片づけが苦手なら真似しよう

さあどこから取り掛かるか決めたところで、実際いるもの、いらないものを仕分けしたり、機能的に収納となるとちょっと苦手。そんな時は真似するに限ります。最近はネットでもたくさん方法を検索することができます。また書店でも暮らしのコーナーに行けば、こんまりさんの本に始まり、たくさんのお片付け本が出ています。

おしゃれなお部屋がたくさん載っているもの、シンプルな収納に徹したもの、いろいろあります。お気に入りの一冊を見つけてたまに眺めると、自分にもできるような気がしてきます。

片づけの本をアマゾンで探す←

心理作戦ならこちらもいいですね!↓

部屋と同時に心も大掃除しよう

こびりついた汚れを落とす、心の大掃除

新しい年、心もスッキリさせて迎えたいですよね。

やらかしてしまった失敗。嫌だったこと。悲しい思いをしたこと。

もちろんうれしかった思い出、楽しかったこともあったけれど、何より引きずりたくないのはネガティブな気持ち。

人はネガティブな感情をみたくないものですから、大人になるとひっそりと隠してしまう習慣が身についています。

そう、「なかったこと」にするのです。人は忘れてしまうのが得意です。でも実際に忘れられているかというとそうでもない。

一見うまく忘れているようですが、一度湧いてきた感情は実は押し込めることができません。忘れようとしてもどこかにこびりついています。ため込んでいるといつか爆発します。

爆発して、ぶちまける。もしくは、生活に支障が出るような心の病につながる。人間関係をうまく築けなくなる。

でははじめから感情を出してればいいのか?というと感情的になることを想像しますが、それはなかなかむつかしいですよね。

心の大掃除をやってみる

感情と東洋医学的観点からも「肝」に属します。木や風、大気など貯めている力、活力を表現する方法の一つ。「氣」を発散、放出することです。

爆発させる必要はありませんが、何が嫌だと感じているのか、なぜ不快に感じるのか見返して、自分はそう感じているんだと認めることです。

「それでいいじゃん」とそのままの自分を許し認めることです。

心の大掃除は忙しい日常に埋もれていたその感情をそうやって思い返し、「片づけ」ていくことです。

「よく頑張ったね」「来年も一緒に歩もうね」と認めることでスッキリします。

心の大掃除にバッチフラワー

感情に気づき認める作業も「ネバならない」「手放さなくてはいけない」なんて考えてしまうと逆効果。そんな時はバッチフラワーに頼りましょう。

・あの時こうしていればよかったと後悔が尽きない

・・・ ハニーサックル

・いつもやらかしてしまう自分が情けない、ダメな奴だ

・・・ ウィロー 、パイン

・わからずやの上司や先輩にうんざりしている

・・・ ビーチ

・気分すっきり新しい道を歩みたい

・・・ ワイルドオート

部屋と心の大掃除で気分すっきり新年を迎えよう

いかがでしたか?気持ちと環境も実は関係しています。気持ちに目を向けることでスッキリしてくれば自然と身の回りも整えることができます。反対に、まずは身の回りをスッキリ整えることで気分もスッキリしてきます。

片づけは小さなところから始めるのがおすすめ。まずはリストアップ、チェック表を作ってトライしてみてくださいね。

スポンサーリンク