スポンサーリンク

スプーン一杯のオイルで健康サポート!

雑誌やテレビで紹介されない日はない油。それがオメガ3系オイルです。

先日もNHKで特集されていましたね。

いったいどんなオイルなのか一度おさらいしてみました。

オメガ3系オイル、αリノレン酸、EPA、DHAって違う油?

一昔前、油は体に悪いものとして取り上げられてきました。油を控える食生活こそが健康を作ると。ところが今、世の中の常識はがらりと変わり、「油は選んで摂るもの」と認識されるようになってきました。

恐ろしいことに油を控えた生活が血管をもろくし、薬が必要な体にしていたかもしれないのです。

また今の常識は明日の非常識となることもありますので、よく確かめて、納得のいくものを見つける必要がありますね。

そもそもオメガ3系とはどういうこと?

油、と一言で言ってもその中にもいろいろな「種類」があります。その違いは化学式で表すとよくわかります。

オメガ3系は飽和脂肪酸といわれている 炭素C が長く連なった長鎖脂肪酸の一種。体の中で分解され死亡としてのエネルギー源、細胞の材料、ホルモンの材料など様々な働きをしています。

脂肪酸は他にも短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、オメガ6系脂肪酸、一価不飽和脂肪酸など、体の中で活躍する脂肪酸がたくさんあります。

からだは必要に応じてそれらの脂肪酸を違う形に変換したりして使用しています。

オメガ3系は主に、αリノレン酸ーEPA-DHA といった形に変化することができ、要所要所で活躍するので、どの形状で摂取しても同じジャンルのものとなります。

ただ働きはそれぞれに違う部分もあるので、その働きによってとるオイルを選ぶのも1つかもしれません。

αリノレン酸は主に植物にその形で存在します。話題の油、亜麻仁油、えごま油などに多く含まれます。亜麻仁油はフラックスオイルとも呼ばれています。
一説では植物からの油は体に取り込みにくいという話もありますが、スーパーなどで手軽に手に入るオイルですね。

EPA、DHAは青魚などに多く含まれます。ただどの油も、一つの個体に1つしか存在しないのではなく、一つの生物がいろいろな脂肪を有しているのが普通ですね。人もまたそうです。
甲殻類や、海に生息するものに多いともいわれますが、牧草牛など陸の生物でも必要で、彼らは食べている草からオメガ3を創り出しています。ただ現代は家畜も多くは穀物で育てられていますので、家畜自体も自身の持つ脂肪酸のバランスは崩れていると考えられます。

どうしてオメガ3系が健康の役に立つの?

現代人もまたオメガ3系が体内に不足しているといわれているからです。研究により次第に、オメガ3系とオメガ6系の脂肪酸はバランスを取り合っており、片方が多すぎるとそのバランスが崩れることが分かってきています。

日本人にとって海の幸は身近なものでしたが、漁獲量の減少、手軽に新鮮なものが手に入らない、など様々な理由で摂取量が減ったこと。また、「油」がカロリーが高く、肥満の原因になっていると不要なものとされたこと、植物油が健康にいいとされたことなどにより、植物油に多いオメガ6系脂肪酸、リノレン酸を比較的多く摂取するようになってしまったのです。

このオメガ3系、オメガ6系の脂肪酸は外から取り入れることが容易だったのか、私たち人は体内で作ることができないといわれています。そのため外から取り込む必要があるそうで必須脂肪酸といわれます。

オメガ3とオメガ6の役割とバランス

オメガ6はサラダ油に多く含まれる油、オメガ6のリノール酸は体内でアラキドン酸という脂肪酸に変化します。これは血液を固まりやすくしたり、炎症を起こしたりする働きをします。けがをしたときに、素早く血を止めたり、炎症のサインとなり、体にとって大切な役目を果たしますが現代人はリノール酸の食事からの摂取量が多くなり、常に炎症の起こった状態となり、あらゆる病気の引き金になっているといわれます。

一方、オメガ3系脂肪酸は、それとは反対に血をサラサラにし、炎症を抑え、脳の働きを助けるなどの働きをします。こちらは現代人は不足した状態にあります。

どちらが多すぎてもよくないですが、今日本人に足りないのは自分で作ることができない必須脂肪酸のうちのオメガ3なのです。

オメガ3系、αリノレン酸、EPA、DHAを摂ることでいいこと

炎症を抑える側の脂肪酸であるオメガ3系の摂取を増やすことで、炎症を抑えることができるようになります。

スポンサーリンク

アレルギー、花粉症なども体の炎症。アレルギーの予防が期待できます。

中高年に差し掛かると心配になるのが認知症。DHAの形になった脂肪酸は脳や神経に密接に関係していて、神経細胞の活性化、情報伝達をスムーズにする、また、うつの予防になるなど、脳に良い油としても取りたいところですね。

コレステロールや血圧も、徐々に高くなってきて心配の種。血をサラサラにし、血栓を防ぐ働きがあり、生活習慣病の予防になります。

オメガ3系脂肪酸はがんの増殖を抑える働きがあると言われています。

悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあるといわれています。ダイエットやメタボリック症候群の予防にもいいですね。

オメガ3系オイルには抗炎症作用があります。肌トラブルの改善も期待できます。

今はフライ用の油も植物油を使うことが多くなっています。昔はラードを用いていて、家畜のえさも本来その家畜がとるべき食べ物が餌であったとすれば、ラードからオメガ3系脂肪酸を摂取できていたかもしれません。

昔より摂取の難しくなった今、外からオメガ3系オイルを補うのが若さと健康には必要なようですね。

酸化しやすいオメガ3系オイル

オメガ3系オイルは多価不飽和脂肪酸という脂肪酸に入ります。「不飽和脂肪酸」というのは、飽和していない脂肪酸。加熱や時間経過により、酸化しやすいオイルなのです。

なのでオメガ3系オイルは新鮮なものを生で摂るのが一番良いということになります。

亜麻仁油、えごま油も小さい遮光瓶に入った国産のものを購入し、できるだけ早く使うこと。保存は冷蔵庫で行うこと。そうすればより鮮度を保つことができます。ただでさえ植物系のオイルはEPA、DHAにするために別の酵素反応を必要とし、EPA、DHAをそのまま摂るよりも摂取しづらいということですので、新鮮なものをこまめに買うようにしたいですね。選ぶのはもちろんエキストラバージン、低温、常温抽出のもの。溶媒を使わず自然な状態で搾取したものを選びましょう。

認知症予防、美肌、ダイエットにも役立つオメガ3、αリノレン酸、EPA、DHA、少し意識して摂るようにしたいですね!

サプリメントや薬もあるEPA、DHA

酸化されやすく、食品として入手しづらいオメガ3、血栓予防や、脳にも良いということで、EPA、DHAは薬やサプリメントとしてカプセルになったものがあります。

実際に中性脂肪が高い、血栓の予防が必要という方には病院で処方されています。

サプリメントとしてはたくさんの会社が販売しています。

オメガ3に加え、それぞれ独自に酸化防止も兼ねて栄養素をミックスしていたりします。

どんな配合になっているのか確認して、自分に合いそうなものを選びましょう。

サンプルを取り寄せできる会社もたくさんあります。

いろいろと試してみるといいと思います。

自分に合うDHAサプリをアマゾンで探す
フラックスオイル(亜麻仁油)をアマゾンで探す