スポンサーリンク

スポンサーリンク

パートナーとうまくいかない。心が離れてしまって離婚。職場での人間関係に疲れてしまった。
コミュニケーション力に自信がないコミュ障。

子供たちとどう接したらいいかわからない。独り暮らしになり、急にさみしさが襲ってくることがある。

様々な状況が相まって、一人でいることが増えてしまった。孤独を感じる。というあなた。人間関係を拗らせ、時に罪悪感、喪失感、怒りやさみしさに苦しむこともあるかもしれません。

否定的な感情がなかなか解消できないとき、バッチフラワーはあなたが人生を楽しむことができるようにサポートしてくれます。

孤独を感じやすい性格タイプはこんな人

孤独を感じやすい人にこんなタイプの人がいます。その人にあったレメディを見ていきましょう。

一人が楽。感情を出せない孤独さん

・・・一人でいることを好む。人間関係でいつも適度な距離を保ち、独身のままでいる人も多い。結婚したり、パートナーがいても、相手の前で巣の自分を見せることはありません。控えめでいるため、周りの人も、深入りしてきません。距離がなかなか埋まらないので、次第に孤独を感じるようになりますが、距離の縮め方がわからず、ますます孤立してしまうタイプ。こんな人には ウォーターバイオレット がおすすめ。

相手を飲み込み引かれてしまう孤独さん

・・・この人たちは孤独になることを嫌います。自分の話を聞いてほしくて、相手の話をさえぎって奪ってしまうことも。そうこうするうちに誰も寄り付かなくなってしまい、孤独を感じるように。また、自分の話をしたい気持ちが強いがために、相手の話を聞けない。聞いていない。そのくせ話したいのに、うまく話そうとするあまりに表現できずだんまりになってしまう。

相互のコミュニメーションがうまく取れればこのタイプの孤独は解消されます。こんな場合はヘザーがおすすめ。

一人突っ走る孤独さん

・・・頭の回転が速く、じっとしていられないこのタイプ。ゆっくり人に合わせるのが苦手で一人で突っ走ってしまう。なんでも自分でやってしまい、振り向けば一人だった、ということになりがち。イライラして、もういいわ。と孤独になってしまいます。

突っ走るタイプのあなたには インパチエンスがおすすめ。

時には一人で自分だけの時間を楽しむことももちろん素敵なこと。ただ知らないうちに一人になっていた。さみしさや孤独をどこかでいつも感じている。人間関係でうまく距離感をつかめないなど、悩んでいる場合はバッチフラワーを使ってみてください。次第に人間関係がうまくいくようになり、人生をもっと楽しめるように。

近しい人と離れてしまうなど、誰しも孤独を感じることはあるもの。環境の変化や、心境の変化、寂しさ、やるせなさ、罪悪感、恨む気持ちなど、ネガティブな感情のサイクルから抜け出せないとき、孤独を感じやすいタイプのレメディ以外にも活用できるレメディがあります。

バッチフラワーは全部で38種類。それぞれの感情の指標を参考に自分に合ったレメディを探してみては?

バッチフラワーってこんなもの

バッチフラワーは1930年代にイギリスの医師であり、ホメオパシー医学、細菌医学などの分野で活躍していたエドワードバッチ博士が完成させたメソッド。

医師として患者を診るうちに、病気が治りきらない、治ってもまた病んでしまう例を多数経験し、病気を根本から治癒させるには感情を癒す必要があると考えました。

そして、様々な経験の中から植物の持つエネルギーが人の感情を癒す力があるとこの方法にたどり着きます。

自身がすべての感情を経験しつつ、その感情にあった植物を見つけていき、38種類のフラワーレメディを完成させます。

エネルギーは水に転写され、その水を体内に取り入れることで、感情に働きかけることができます。

体に安心安全なバッチ博士のフラワーレメディのシステムです。

薬を飲まれている方でも、妊婦さんや赤ちゃんでも安心して使えますよ。
(赤ちゃんや子供にはグリセリンタイプを選ぶといいです)