スポンサーリンク

スポンサーリンク


いつまでも若くいたいけれど、年々肌の衰えを感じる…体力がなくなっていく…
永遠の若さはいつの時代も女性のテーマ。ですが老化することは避けられない。体の中では数十種類に及ぶホルモンが働いており、特に女性ホルモンは体の成長により、分泌量が変化します。
ホルモンは体の中で様々な働きをしているため、その分泌量は体にも心にも大きく影響しています。

年齢に応じた症状や病気に注意したい。そして、ホルモンを味方につけて、きれいに年を重ねたいですね!

女性ホルモンはどんな働きをするの?

女性のホルモンで特に影響の大きいホルモンは卵巣から分泌される「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」。一生にティースプーン一杯ほどしか作られないといわれるホルモンが女性の体をコントロールしています。それぞれのホルモンはそのバランスが大切で、急な増減は月経不順、冷え、むくみ、肌荒れ、頭痛など多くの不調の原因になります。

エストロゲンの働き

エストロゲンは脳の視床下部からの指令を受けて卵巣で分泌されます。月経後から排卵に向け、徐々に増加します。妊娠受精、着巣しやすい状態に体を変化させていきます。いわゆる女性らしい体を作るホルモン、肌弾力をアップさせる働きもあります。

プロゲステロンの働き

プロゲステロンも脳の視床下部より指令を受けて卵巣で分泌されるホルモンです。排卵後から次の月経に向けて増加します。妊娠した体を維持するための働きをするため、水分や栄養を取り込みやすい体にします。そのためむくみや頭痛、胸が張るなどの不調が出やすい時期です。月経前症候群(PMS)といわる様々な症状はこの時期に現れます。

ホルモンバランスは心にも大きく影響します。

女性ホルモンにより年齢、成長に応じて心と体がどのように変化するの?

思春期(12~18歳ごろ)

女性ホルモンの分泌が活発になる時期。発育成長途中のため、皮脂バランスが崩れやすく、ニキビやべたつき、乾燥などが起こりやすい。ホルモンの影響で心も不安定になりがち。ふっくらしてくるため、気にしすぎて無理なダイエット、極端な食事制限などをしてしまうことも。栄養バランスを崩し、女性ホルモンに影響を与えることもあるので注意が必要です。

女性らしい体つきになる思春期。自分の見た目が変わっていくことに不安を感じることもありますね。
ホルモンバランスの変化や、体の変化にうまく対応しづらいときには ウォルナット のレメディです。

思春期、反抗期、何かにつけてイライラしていて、家族に当たる、かっとなる。そんな時にはチェリープラム。

好きな人ができても話しかけることができない。人前で上がってしまい顔が赤くなる。どんどん変わる自分の姿に自信がなくなる。そんな時にはラーチ。

なぜだかわからないけれどずっと憂鬱、もしかしたらホルモンバランスの影響かもしれません。そんな時にはマスタード。

様々な思春期のシチュエーションにもバッチフラワーを使うことができます。

体に影響を与えない。また香りもないので学校などでも気にならないので、子供から安心して使えるのもいいところですね。

性成熟期(20代~30代)

妊娠、出産に適した体になるこの時期にはホルモンの分泌も盛んになります。月経周期によりニキビ、吹き出物もできやすく、菱の酸化によるシミそばかすもできやすい時期。

ホルモンバランスは安定してくるのですが、仕事や人間関係でストレスを抱える女性も多く、月経トラブルや冷えむくみ、肩こり、頭痛など体の不調を起こしやすい女性が増えています。

ホルモンバランスの変化にはもちろん ウォルナット が強い味方です。

シミ、そばかすや、体形が気になるなど、見た目に気になるところがあるならクラブアップルがあなたに自信をくれます。

親や、上司に自分の意志を伝えられないなどの人間関係のストレスにはセントーリーや恋人に依存しやすい、振り向いてもらえないなどの感情に振り回されがちなら ホリー チコリー などもいいでしょう。

更年期(40代~50代)

閉経に伴いエストロゲンの量が減るため、ホルモンバランスの崩れるときです。のぼせ、むくみ、急な発汗など更年期症状といわれる症状が現れます。女性ホルモンの急激な低下により骨密度の低下、コレステロール値の上昇なども。

老化によるシミ、しわ、くすみ、たるみなどの肌の悩みが顕著になってくる。

体調の変化の激しいこの時期は ウォルナット のレメディが活躍してくれます。見た目の変化が気になる時にはクラブアップル、そのほか更年期には様々な体調の変化に伴い感情のストレスも大きくなります。不安定な気持ちにはバッチフラワーがおすすめです。

子供が手から離れ、自分の存在価値が分からなくなり不安であれば、 ホリー チコリー 。外出先での急なホットフラッシュはこの時期大いに悩みの種となるものです。そんな時にはレスキューレメディがいいですよ。

老年期(60代~)

女性ホルモンの影響は減少する。代謝が落ち、肌や髪など、老化が目立つようになる。徐々に様々な機能が低下し、病気の原因にもなるので、適切な食事や運動により気を付けたい時期。

こころも成熟してきた老年期であればそれほどネガティブな感情に悩まされることはないかもしれませんね。

それでも近しい人を亡くしたり、家族の中で居場所がない、引きこもって家から出かけるのが億劫など、気持ちが暗く落ち込んでしまうときはレメディを試すといいですね。飲んでいる薬との飲み合わせ、肝腎機能への影響、副作用などの心配がないため、安心して使うことができますね。

よく眠れない、という話も多いですので、レスキューナイトという、眠れないときのレメディを使うのもおすすめです。安眠できますよ。

女性のライフサイクルとこころのセルフケアまとめ

いつまでもきれいで、健康で若くいたいもの。そして行き過ぎたストレスは最大の敵!ホルモンバランスとうまく付き合いながら気持ちのストレスや、体の面では酸化、糖化といったストレスを減らし、人生を楽しみたいものです。
バッチフラワーもきっと強い味方になってくれますよ!
バッチフラワーレメディをアマゾンで探す