スポンサーリンク

毎日のようにサプリメントのCMや折込チラシを目にします。

病気になりたくない、健康に気を使っている、ダイエットしたい、

消費者の心をくすぐる魅力的な文言や、イメージ写真。

体験談もたくさん。

サプリメント市場は今までにない賑わいを見せていますが、

どれもこれもよさそうですよね。

そしてどれもこれも必要に思えてきます。

広告のうたい文句に流されず、必要なサプリメントを見極める

薬剤師目線で言えることをお伝えします。

コラーゲン、プラセンタ、プロテオグリカン

他にも山ほどサプリメントがありますが、

体は必要な部品を体の中で創り出しています。

栄養はそのための材料となるもの。

多くの人は、コラーゲンを補って、肌の張りを取り戻したい。

と思ったら、コラーゲンを選ぶと思います。

ですが、一つ、冷静に考えなければならないことがあります。

私たちは小中学校で、

消化吸収、体の仕組みを学びます。

食べたものは

酵素で溶かす。

体はそういう仕組みを持っています。

食べたものがそのまま働くとか、とっても危険です。

体は体にとって安全な状態までいったん分解して材料にします。

そこで使えないと判断された素材、

品質のおかしな栄養や、賦形剤、添加物などの毒は、

肝臓で解毒したり、脂肪にため込んだりして、

体の危険を回避しています。

これでたいてい察しがつくかと思います。

PH1~2の胃酸がある限り、

取ったタンパク質は分解され、アミノ酸に変えられます。

全身に送られ必要なとことで必要な部品に作り替えられます。

コラーゲンも、プロテオグリカンも、タンパク質の一種。

胃酸で変性してしまい、

そのままお肌に届くことはありません。

いつまでも若くいたいなら、

すべての栄養をエネルギー通貨に変え、

必要なものを創り出す工場であるミトコンドリアを元気にすることです。

人は必ず老化していきます。

老化した状態というのは、

どんなに優れた栄養素を入れても、

使いこなせない。

工場の働きが悪い状態。

そして工場が働かないと消化酵素を作る働きも落ちる。

消化酵素が出ないから、

食べたものを材料サイズにまで分解できない。

老化はこのような悪循環を生み出しています。

おすすめのサプリメント

栄養補助としてのサプリメントを選ぶなら、

種と土壌から、材料、製法を徹底管理し、こだわっているものをお勧めします。

ミトコンドリア工場が動いていない限り、

どんなに高級な栄養を入れても使いこなせないし、

カプセルの形状や材質などによっては分解するのに肝臓に余計な負担をかけてしまい、

気づかぬうちに病気や不調の原因になったりします。

もし選ぶのであれば、地球を壊さない自然の状態から作られた、極力余計なものが入っていないもの。

無農薬などで自然に作られる米、野菜…
抗生剤や穀物飼料でなく、本来牛や豚や鶏が食べていた昔ながらの餌を食べている肉、
遺伝子組み換えや化学肥料を使っていない豆類を発酵させたもの。
自然の食べ物が一番いい材料なのです。

ミネラルやビタミンもそこから摂取できます。

スポンサーリンク

汚染されていない土壌で作られたもの程いいです。

消化能力が落ちていると感じたら、
味噌漬けや、麹漬けにして肉を分解するのを手伝ってもらったものを食べるのもいいです。

天然の塩、海の塩、岩塩の2種類くらいを常備。

自然の材料で加工されたぬか漬け、キムチ、梅干しなど。

そういうものを食べる機会を増やすことが先決です。

サプリメントは、

口から食べるので、

思っているようにはききません。

それらしいCMに踊らされて、

期待してあれこれ購入するのは注意しましょう。

原料に粗悪なものを使っていてもわかりません。

添加物を摂りすぎる危険もはらんでいます。

ほとんどの人は

サプリメントを飲めば、

薬のような効果が期待できると勘違いしています。

思わせぶりな広告ばかりです。

今サプリメント市場は勢いがいいのです。

みんながこぞって期待して購入するからです。

薬はよくない=健康でいたい=サプリメントで叶う

と勘違いしています。

食品会社から製薬会社、あらゆる大手が参入しています。

トクホマークをつければ、

安心で、

薬のように効くのでは、

と思わされますが、

違いますので調べてみてください。

食べ物を見直すのが一番の方法ですよ。