ストックボトルから飲む方法XvSwa5mv3ibKNyv1461337753_1461338331
ストックボトル(市販されている原液のボトル)から、1回2滴をグラスの水や飲み物に垂らして飲みます。

トリートメントボトルを作って飲む方法
市販の遮光ビン(30ml・スポイト付き)にミネラルウオーターをビンの8,9分目まで入れ、選んだフラワーレメディを2滴ずつその瓶に入れます。
1回4滴をグラスの水や飲み物に垂らして飲みます。

*トリートメントボトルは高温多湿を避けて保存し、長期間保存はしないでください。

*垂らす飲み物が手元にない場合、直接口に垂らして飲むこともできます。
口がスポイトの先に触れないよう衛生上注意してください。

*ストックボトルから直接飲む場合とトリートメントボトルから飲む場合、濃度が異なるようですが、フラワーレメディとは微細エネルギーであり、バッチ博士によると、ストックボトルもそれから作ったトリートメントボトルもエネルギー的には変わらないということです。
事実、トリートメントボトルでレメディを継続していくと感情のバランスに変化が見られます。

ストックボトルからとトリートメントボトルからの使い分け
一時的にバランスを崩した感情に対してはストックボトルから直接2滴を使い、
慢性化した感情に対してはトリートメントボトルを作成し1回4滴を1日4回またはそれ以上、飲み続けることでバランスを整えます。(7,8種類まで一度にブレンドできます。またレスキューレメディは1種類と数えることができます。)

トリートメントボトルは3週間程度使用できる量があり、毎回ブレンドする必要もなく経済的にレメディを摂ることができます。

*入れる飲み物は冷たいもの、熱いもの、カフェイン、アルコールなどなんでもかまいません。食べ物に垂らして食べても大丈夫です。

*継続して飲む場合、遮光ビンを外に持ち歩けない。そんな場合はペットボトルに外出時の回数分の数滴分をあらかじめ入れて持ち歩いても構いません。