rec01

「バッチフラワーレメディ」は心や感情のバランスを整えるためのシステムです。
1930年代に英国の医師エドワード・バッチ博士により開発されました。
副作用や習慣性が全くないため、赤ちゃんからお年寄り、動物や植物にも安心してご使用いただけます。一般の方から医療関係者まで、多くの方々に愛され続けています。

フラワーレメディの基本的な使い方

博士はフラワーレメディを家庭で気軽に使える身近な存在になることを望んでいました

フラワーレメディの使い方はとても簡単

ストックボトルから原液なら一回に2滴
トリートメントボトルにブレンドしたものからなら一回に4滴

飲み物などに落として、一緒に飲むだけです
味もにおいもありません (日本向けのものは保存料としてグリセリンが含まれ少しだけ甘みがありますが気にならない程度です)

気になる場合は何回でも飲むことができます
成分がありませんので飲み過ぎということもありません
赤ちゃんからお年寄りまで、またペットや植物にまで簡単に誰にでも使うことができます

フラワーレメディのもたらす変化はとても繊細な場合があります
はじめてレメディを使われるとき、 必要なレメデイを確実に選択したいときなどは
正しい方法で学んだプラクティショナーのコンサルテーションを受けることをお勧めいたします